Nothing is impossible to the mind. All it's guidance and power are available to you. When you fully realize that thought causes all, you will know there are never any limits that you yourself do not impose - Uell Stanley Andersen, Self-help Author
>> メルマガ登録はこちら
TEL 03-6434-1315 お問合せはこちら
  • ICCについて
  • セミナーのお知らせ
  • 來社相談
  • メール相談
  • 資料請求
ICC國際交流委員會
  • 今から間に合う!夏・秋出発の高校留學 無料カウンセリング受付中
  • 高校留學イメージ
  • 高校留學イメージ

2,300名以上の卒業生を誇るICC國際交流委員會のオーストラリア・カナダ・ニュージーランド高校留學プログラム。20年以上の実績と経験をもとに、留學生の現地サポートを始め、卒業後の進路指導や保護者サポートを提供し、學生の成長を共に見守っていきます。

先輩の話
進路
ボーディングスクールについて
バカロレアについて
最新のセミナー・説明會情報はこちら 最新のセミナー・説明會情報はこちら
ICC高校留學BLOG ICCにしてよかった 安心の現地サポート オーストラリアで學ぼう! 最新のセミナー・説明會情報 メルマガ登録はこちら AIU 留學あんしんサポート
ICCが選ばれる理由

10代中盤の多感な時期を海外で過ごすという選択は、學生本人にとっても保護者にとっても大きな決斷です。その勇気ある決斷を下した若者の手助けがしたい、成長を見守りたいという思いから始まったのが、ICCの高校留學プログラムです。以來、一期生の送り出しから20年以上に渡り、高校留學をする日本人學生のサポートを私たちは提供しています。

ICCの高校留學プログラムが、多くの方に選ばれる訳、それにはいくつかの理由があります。
2,300名を超える卒業生、大學進學・率96%という実績。オーストラリア・カナダ・ニュージーランドの學校や教育省、教育委員會との強いネットワーク。そして、ICCの高校留學プログラム最大の特徴とも言える、留學先の30分圏内に在住する日本人アドバイザーの存在。
これらは、ICCが「留學の成功」に必要不可欠であると考え、大切に守っていきたいと考えているプログラムの根幹です。

高校留學のパイオニアとして、私たちICC國際交流委員會は、今までも、そしてこれからも未來ある高校生の留學をサポートし、応援していきます。

ICC國際交流委員會
代表取締役(CEO) 曽根靖雄

ICCのサポートの詳細はこちら

留學ソムリエ代表 大川彰一さんからのメッセージ

大川彰一さん

語學の習得や異文化に適合するためには、1年でも若い方が吸収が早いと言われています。また高校生の間に必要な英語力を身につけることで、大學時代により専門性の高い分野に進むことが可能です。今まで高校留學を経験した多くの先輩方が、各方面で活躍されていることが実証しています。また、海外と日本の教育スタイルの違いにより、自身の可能性を最大限引き出すことができます。
ご両親と自分の将來の夢について話すことが、その第一歩となります。事前準備も大切ですので、なるべく早めに相談しましょう。

大川彰一さんプロフィール
京都の大學卒業後、小売業のセールス・マーケティングを約11年間経験、その後カナダに渡航。帰國後は、留學カウンセラーとして1,000名以上の留學やワーキングホリデーに関わる。その後、米國の教育団體の事業責任者として約6年間、日本の大學および企業との連攜によりグローバル人材育成に盡力。また高校交換留學や東北復興プロジェクト、東南アジアの國際協力プログラム開発にも関わる。 現在は「留學ソムリエ」として法人コンサルティング事業や講演など國際教育に関する情報発信を広く行う。

資料請求・無料留學相談のお申込、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

TEL:03-6434-1315
資料請求 メール相談

Copyright © 2014 ICC. ll rights reserved.